即日発送可能のLTE

3G回線の高速化LTEの速度と利用状況またその後

3G回線の高速化LTEの速度と利用状況またその後

最近の携帯電話の通信速度は非常にストレス無く感じます。

 

携帯電話またスマートフォンやタブレット、一人一台は当たり前複数所有している事は当たり前になってきています。利用する事が増えてきているのは通信速度が改善された事の要因があるからではないでしょうか。

 

ここ最近までは通信で使用しているのは一般的に3Gでした。この3G回線より通信速度が早いとされているのがLTEになります。通信業者が提供しているLTEの速度は一般的に上りが25Mbpsまた下り75Mbpsと3G回線と比べると約5倍の速度が期待出来る物となります。 室内野外共に今まで通信に障害があった場所でもLTEであれば今まで以上の速度で通信が可能となります。

 

他にWifiなど通信速度が速いとされている規格もありますが、こちらは電話回線の規格ですので使用料金が発生する事になります。 3G同様各社LTE利用にはサービスを提供していますので、携帯電話のご利用の際に必然的に利用出来る物になっています。

 

LTEの魅力の一つに通信速度が向上した事で他の端末のインターネット接続に一役かってくれるデザリング機能を利用する事が出来ます。

 

自宅のPCを持ち出しWifi電波が使えないと言った状況下でもLTE通信が出来る場所であればPCでインターネット検索をしたり仕事でのファイルの送受信などストレス無くする事が可能となります。

 

LTEはまだまだ進化をする様で現在の10倍の速度を期待出来る様です。2016年にはその速度を体感出来る日が来る様です。

 

LTEがもたらすSIMロックフリーの可能性

 

今、携帯電話のCMなどでLTEという機能があるというのをよく目にします。docomo、softbank、auどれもLTEを利用出来るスマートフォンを推しています。そんな各キャリアが全面に押し出すLTEというのは、一体何なのでしょうか。

 

LTEは、Long Term Evolutionの略称で、かつてdocomoではSuper 3Gと呼ばれていた無線通信の規格です。以前使われていた第3世代の携帯電話いわゆる3G携帯と次世代の4G携帯の間に位置する通信規格で、3Gを高速化した3.9Gに位置する物です。

 

その魅力は、理論上の最高通信速度が下りで100Mbps以上、上りで50Mbps以上となり、家庭向けのブロードバンド回線にほぼ匹敵する高速なデータ通信が可能になっているということです。

 

従来と異なる点としては、すべての通信をパケット通信として処理するため、音声通話はデジタルデータに変換されてパケット通信に統合されます。

 

現在、インターネット電話として有名なSkypeというものがありますが、あれと同じような仕組みになるわけです。

 

このように技術的に進んだ物であるというのはわかりますが、我々利用者には通信速度以外に受ける恩恵は少ないように見えます。しかし、各キャリアがLTEを導入することで通信速度以外にも大きなメリットがあると予想されます。

 

それが、SIMロックフリー化の推進です。

 

キャリアの枠に囚われずに好きな端末を使うことが出来るようになるというもので、各キャリア独自のサービスは他社端末で利用できる可能性は低くなりますが、使い慣れた端末や気に入った端末を使うということが可能です。

 

毎日使う携帯電話で、自分の好きな物が使えるようになる可能性というのは非常に嬉しいことです。これだけでもLTEの普及は利用者にとっても喜ばしいものなのではないでしょうか。

 

その速さに驚く。LTEのレベル

 

最近はCMでもよく聞くようになったLTEという言葉。スマートフォンを持っている方であれば、ほぼすべての人がその恩恵を授かっていると思います。そもそもLTEとは"Long Term Evolution"の略称であり、今までの携帯電話で使用していたCDMA方式という方法を使用していたのですが、より高速なモバイル通信を可能する方式です。

 

今まで携帯では下り14Mbps、上り5.7Mbpsが限度でしたが、下り75Mbps・上り25Mbpsと今までの5倍程度の通信速度となり、スマートフォンの様々なコンテンツを利用した場合でもさくさくと動作、ダウンロードしてくれるのはストレスレスでうれしいところだと思います。

 

実際私も、とあるメーカーのスマートフォンを使用しています。携帯電話を使用していた時代では間違えてPCのサイトを開いてしまった場合、そのデータを引き出すだけで何十分とかかり苛立ちをつのらせたものですが、今ではもうそんなこともなく、見たいデータがすぐに見て取れます。

 

ネット上のメーラーもアプリを利用して、重要な書類をすぐ確認できるというのはビジネスマンにとってもかなりうれしいものです。

 

あるキャリアではもう次世代のLTE方式が検討されているようで、今は少し割高感のあるLTE方式ですが、格安で高速通信が可能になる時代も近いのではと考えられます。

 

実際にみなさんもそうであると思いますが、日本国内でのLTEインフラが迅速に整備され、どこに行っても同じレベルで情報発信、調達できる時代を私は願っています。