即日発送可能のLTE

モバイル機器の普及と繋がりやすさ、料金設定のバランス

モバイル機器の普及と繋がりやすさ、料金設定のバランス

モバイル社会である今日では、確実でスピーディーに繋がる接続環境が必要になっています。特に株式投資をされているようなユーザーには、スピードと接続の信頼性が求められます。

 

そのような高速接続環境にはLTEが活躍しています。LTE(WiMAX)とは3Gと4Gのちょうど中間の存在と言われています。

 

普及しきって混雑している3G回線に代わり登場したLTEは、通信速度は電波の混雑状況により、3G回線の約5倍といわれ、今では世界各国でも普及しています。

 

3G回線の混雑を解消することを考ると、比較的繋がりやすい都市部以外の地域のLTE普及エリア拡大が急がれます混雑緩和できればデータの転送容量も各段に増加する見込みで、より良い環境になる事が期待されます。

 

昨今のiPhone人気を見ると、さらなる接続環境の向上を望むリクエストも増えるでしょう。

 

docomoもiPhoneをようやく扱うことになって、ますますサービス競争に拍車がかかるのではないのでしょうか。各社の料金設定や適用されるプランなどにはユーザーもしっかりと検討しましょう。

 

au・SOFTBANK・NTTdocomo各社のLTE利用の料金プランは、約6000円に近い金額設定になっていますね。料金設定だけを見ると、イーモバイルでは電話の2年契約などが含まれますが3880円からとなっています。

 

利用できるサービスには多少各社との差がありますが、料金設定での面ではお安いと思います。

 

各社、ユーザーの取り込みに躍起になっていますが、料金・プランの宣伝競争だけでなく、どこでも安定して繋がる環境づくりを徹底して欲しいものです。

 

今話題のLTEの月々の通信料を安く抑えるためには

 

外で仕事をしている方にとってはモバイル通信は欠かせないものとなりました。外出先でのメールのチェック、ネットブラウザなど使ってみると便利なものが数多くあります。

 

そのような中、最近注目を浴びているのがLTEと呼ばれるデータ通信です。

 

LTEは以前からありましたが、最近では新型のタブレットPCやスマートフォンなどが通信会社から続々と発売されていますので、それらを使って高速のデータ通信をしたいと思っている人が増えてきているという事でしょう。

 

そういった意味でLTEでデータ通信を行うことはかなりのメリットがあります。

 

ただ、LTEのネックとして通信速度が早い分、それだけ月々にかかる料金が増えるために、少しでも節約をしたいと考えている方であれば、大きな負担になることでしょう。

 

しかし、高速なLTEのデータ通信を行いながらも、月々の料金が安く抑えられるというサービスが最近出てきたという事は、そういった方にとってはとても朗報だと言えるでしょう。

 

その一つが、仮想移動体通信社サービス、略してMVNOなのです。

 

通常モバイル型のデータ通信というのは携帯キャリア会社などが主として行なっている場合が多いのですが、このMVNOというのは、通信キャリア会社はもちろん、プロバイダ会社や、量販店などが参入しているため、競争率が高く、値段が安く抑えられています。

 

これからはLTEとMVNOが高速のモバイル通信の大きなトレンドになっていくことは、半ば明白のことだと言えるでしょう。

 

インターネットとLTEについて私が思っていること

 

みなさんはLTEというのをご存知でしょうか。おそらく多くの方は名前くらいはどこかで聞いた事があるという方も多いのではないでしょうか。

 

そもそも、LTEとは携帯電話の通信規格のひとつです。つまり今までの携帯電話の通信規格よりもずっとすごいものがこのLTEというわけです。

 

ですから、テレビのCM等を見ていてもよくLTEと言っている場面を見たことがあるという方も多いと思います。そして、このLTEのすごいところは何かというと、それは家庭用インターネットのブロードバンド並に通信速度が速いところです。

 

これまでの携帯端末のイメージはどうしても、家庭用のインターネットのブロードバンドには通信速度では勝てないというイメージが強かったです。

 

ですが、今やそんな時代ではないという事です。今では携帯顛末もブロードバンド並みのダウンロード速度が実現して100Mbps以上とも言われています。

 

ですから、これからはインターネットをするのにパソコンを使わなければ、満足にインターネットができない時代ではないとう事です。

 

これからは、パソコンを使ってインターネットをする人よりもタブレット端末やスマホのような携帯端末を使ってインターネットをするのが当たり前になっていくと思います。

 

それは今の電話の状況と同じだと思います。つまり今までは固定の場所でしか使えなかったものが、自由に持ち運びができるようになれば自然とそちらに需要が流れていくという事です。

 

なので今後LTEの技術はますます重要性が増していくと思われます。