即日発送可能のLTE

LTE(ロング・ターン・エボリューション)の良し悪しについて

LTE(ロング・ターン・エボリューション)の良し悪しについて

少し前からテレビや町中で目にするようになった"LTE"について書いていきます。

 

"LTE"とは、正式名称"Long Term Evolution"といい第3世代携帯電話(3G)と第4世代携帯電話(4G)との間に属する名称で別名第3.9世代携帯電話ともよばれています。

 

2010年の12月頃からは"LTE"を"4G"と呼んでいい事に決まりマーケット(市場)では呼名にバラつきがあります。今や私たちの生活の一部でもあるスマートフォン、タブレット端末、WI-FIといった端末には主に先ほど紹介した"3G回線"と"4G(LTE)回線"があります。

 

これらの大きな違いは「通信速度」です。

 

この「通信速度」がどれほど違うかと言うと、3G回線は通信速度が比較的に遅いため便利なスマートフォン等の検索機能や動画再生機能等のせっかくの機能がストレスに変わってしまいます。

 

それに比べ、4G(LTE)回線は比較的スムーズな通信速度で、ある程度ストレス無くスマートフォン等の機能を利用できます。ここまでだと誰が見ても「4G(LTE)の方が良い」と思いがちですが、ここには大きな落とし穴もあります。それは通信規制です。

 

従来の3G回線だと通信規制はほとんど無かったのですが、4G(LTE)になると大抵は1か月間で7GB(ギガバイト)を超える通信をしたとき通信速度が大幅に下がってしまい3G回線よりも通信速度が遅くなってしまうのです。

 

この場合大抵は2GB(ギガバイト)を約2,000円程度で購入という形で通信速度を復活することはできます。

 

このように第4世代携帯電話(4G・LTE)になり便利にはなってきましたが良いところがあれば悪い所もあるという事を理解し、更なる進化を遂げてほしいと願っています。

 

LTEってどの位のスピードが出るのか楽しみです

 

夫の持っているLTEなんですが,あまり入らないどころか,3Gの方が通信速度早いように感じます。

 

LTEの電波状況がアンテナが一本しか立っていない場所でも,LTEの環境があれば,3Gに変わることなくLTEで接続をしようとするんです。そんな時は3G早く変わらないかなと思って,LTEが早く切れるように場所異動までしてしまします。

 

家で使っている有線通信はADSLなんで,早く繋がるスピードがあるインストールの経験がないのです。パソコンでもタブレットでもホームページを開くと言うさぎょうをしてから,席を離れて暫くして戻ってきてもホームページが開かれていなかったり,×印が出ていて「ホームページが開けませんでした」なんて書かれていたりします。

 

この様なことが頻繁に起こるのでそれが普通だと思ってしまっています。私達夫婦2人の共通認識としては,LTEは早くない遅いなんて思ってしまっています。これってもしかしたら私達夫婦特有の認識なんでしょうか?本当だったらLTEってもっと早いんでしょうか?もし早いのだったら,そんな体験をしてみたいです。

 

今度2人で東京に行くことになりました。夫は,結構頻繁に東京に行ってタブレットを使っているため,少しは早い速度のLTEを使った経験があるのですが,私は全く初めての経験です。あちらこちら移動しながらLTEが早く動く所を見てみたいです。

 

ホームページが開く早さってどの位早いのかしら?東京ではタブレットって繋がったままになっているのかしら?など,今からワクワクしています。

 

知っているようで知らないLTE

 

LTEと聞いてみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?携帯電話の事情やIT系の技術情報に詳しい人ならすぐに説明できるかもしれませんが、普通の人にはなかなか難しいですよね。

 

簡単に言うと、LTEとは携帯電話やモバイル端末が通信をする際の規格の一つです。

 

今手元に携帯電話やスマホがある方は、画面の左上の方にLTEの文字が表示されている方も多いかと思います。表示されている方は、今まさにLTEを利用していることになるわけです。

 

しかしこれだけでは分かりづらいかと思いますので、車と道路などを思い浮かべて見ましょう。携帯電話の通信速度を車のスピード、通信の通り道を道路と考えます。

 

今までは一般道しか整備されていなかったため、あまり速いスピードで車が走ることが許されていませんでした。車ももともと遅かった時代なので、それで済んでいたのですね。

 

しかし車のスピードが上がるにつれて、もっと早く走れる道路が必要になってきます。つまり高速道路のことですが、これを作れば車はもっと速く走れるようになり、渋滞も緩和されます。

 

この通信のための高速道路こそ、LTEのことなのです。これまでよりももっと速く通信できるように、今現在も整備が進められています。

 

携帯電話をビジネスマンだけが持っていた時代とは違い、今はほとんどの個人が所有する時代になって来ました。また、メールをテキストだけで送っていた時代とも違い、通信するデータの量も桁違いに増えています。

 

今後ますます需要が増していくLTEのことを、少しでも理解して頂けたら幸いです。